占術一覧

四柱推命

四柱推命(しちゅうすいめい)とは、「年」「月」「日」「時」の4つの干支を柱にして過去や現在、未来を予見する運命学の一つです。

この占いの考えが出来上がったのは3000年以上も昔で、古代中国を起源に行われるようになりました。

4つの要素で占いますので占い方は複雑ですが、四柱推命の的中率は非常に高くなっています。

四柱推命は他の占いとは格が違うため、「占いの王様」と言われることも少なくありません。

四柱推命は運命学の一種ですので、人に関する占い全般に適しているのが特徴ですね。

以下では、四柱推命が得意な占いと占うことができない内容についてまとめてみました。

  • 四柱推命が得意な占い:人生全般の運勢や年ごとの運勢、仕事運や結婚運など
  • 四柱推命で占えないこと:パチンコや宝くじなど人と関わりのないギャンブル全般

四柱推命は、自分のこれからの人生を知る道しるべになります。

プロの鑑定師に占ってもらえば、「恋愛」「結婚」「人生」「仕事」「人間関係」を中心にあらゆる悩みの解決のヒントになるでしょう。

四柱推命の占いのやり方や手法を徹底解説!

四柱推命の手法は、「干(かん)」と「支(し)」で表した「年柱」「月柱」「日柱」「時柱」の4つを命式と呼ばれる表を作成して占っていきます。

四柱の干支を陰陽五行説に当てはめて分類するのが四柱推命の占いの基本!

これによって物の考え方や向き不向きなど、あなたや周りの人の先天的性質がわかりますよ。

このページでは、四柱推命の占いのやり方や手法を更に詳しく解説していますので、是非一度参考にしてみてください。

生まれた日を四柱に見立てる

四柱推命の名称からもわかる通り、まずは生まれた日を次の4つの四柱に見立てます。

注:スマホの方はテーブルを左右にスクロール出来ます。

四柱 読み 表す時代 表す運気・事柄
年柱 ねんちゅう 初年期(0歳~19歳) 社交面や外面における運気や事柄
月柱 げっちゅう 中年期(20歳~39歳) 仕事や家庭における運気や事柄
日柱 にっちゅう 晩年期(40歳以降) 自分自身や恋愛における運気や事柄
時柱 じちゅう 60歳以降 子供や子孫、晩年運

占い師によって四柱には様々な解釈がありますので、「○○○が正解」と一概に決め付けることはできません。

しかし、四柱推命の命式を読み解く際に、自分自身を表している日柱(にっちゅう)が最も重要という点では一緒です。

干支暦を見ながら天干と地支を出して命式を作成する

四柱推命では、その人の生まれた生年月日時を10個の「干」と12個の「支」に置き換えます。

万年歴を見ながら天干と地支を出し、命式を作成して性格や運命を推察する流れです。

まずは、10個の「干」と12個の「支」が何を指しているのか簡単に見ていきましょう。

10個の「干」

項目 意味
甲(こう・きのえ) 強い向上心。独立独歩。曲がったことが嫌い。プライド高い。
乙(おつ・きのと) 柔軟で適応力あり。社交的で、調停能力あり。負けん気が強い。
丙(へい・ひのえ) 情熱的で感情豊か。明るく陽気。熱中しやすく集中力あり。
丁(てい・ひのと) 緻密で用意周到。礼儀正しい。知的で思慮深い。
戊(ぼ・つちのえ) 頑固で柔軟性に欠ける。保守的。おおらかで面倒見が良い。
己(き・つちのと) コツコツ努力を続ける。協調性がある。人を育て導く。
庚(こう・かのえ) 意思が固く豪気。義理堅い。客観的で合理主義。
辛(しん・かのと) 感受性豊かで傷つきやすい。人から大切にされることが使命。
壬(じん・みずのえ) 自由を好み束縛を嫌う。おおらかで楽観的。周りに合わせられる。
癸(き・みずのと) 優しく愛情深い。繊細で感受性強い。柔軟な発想力。

12個の「支」

項目 意味
子(ね) 万物が育ち始める意味。 12月、23時~1時、北、冬
丑(うし) 湿った大地に種を埋め春を待つ。 1月、1時~3時、中央、土用
寅(とら) 春になり始めて芽を出す新芽を意味。 2月、3時~5時、東、春
卯(う) 春になり万物が茂る意味。 3月、5時~7時、東、春
辰(たつ) 大地が震えるほど根を張る意味。 4月、7時~9時、中央、土用
巳(み) これから身を結ぶ時期に移る意味。 5月、9時~11時、南、夏
午(うし) 陰の気と陽の気が交わろうとしている状態。 6月、11時~13時、南、夏
未(ひつじ) 万物が美味しく出来上がっていく意味。 7月、13時~15時、中央、土用
申(さる) 万物が成熟した状態を表している。 8月、15時~17時、西、秋
酉(とり) 秋に収穫した作物を蓄える意味。 9月、17時~19時、西、秋
戌(いぬ) 蓄え作物を土の中へ蓄える意味。 10月、19時~21時、中央、土用
亥(い) 全物が基本の種となる意味。 11月、21時~23時、北、冬

「天干」と「地支」を組み合わせると、その人の行動のクセを読み解くことができます。 四柱推命の命式を作る流れとしては、

  • 「生まれ年から年柱の天干と地支を出す」
  • 「生まれ月から月柱の天干と地支を出す」
  • 「生まれ日から日柱の天干と地支を出す」
  • 「生まれ時間から時柱の天干と地支を出す」

という感じです。

四柱推命は本当に当たるの?

四柱推命で占ってもらうに当たり、「本当に当たるの?」と疑問を抱えている方は多いのではないでしょうか。 結論から言うと、四柱推命は当たる確率の高い占いの手法になっています。 それは様々なデータに基づいて推察しているのが理由です。 的中率にムラが少ないため、数多くの占いの中でも四柱推命は人気が高まっています。 しかし、占いは100%当たると言い切ることはできませんので、あくまでもアドバイスの一つだと捉えておいてください。

まとめ

四柱推命がどのような占いなのか、得意な分野や手法についてお分かり頂けましたか? 四柱推命は自分や他人の運勢に加えて、気になる人との相性を占ってもらうこともできますよ。


LINE特典バナー