新月の願い

新月の願いとは?書き方・願い方のコツを解説!

こんにちは占星術講師の真珠星。(スピカ)です
          

これから毎月、新月の日時と開始時間、そしてその月の叶いやすい事柄などを連載していこうと思いますので、楽しみにしていてください。

まず「新月のお願い」って言葉を聞いたことはありますか~?

ごく簡単に言うと、新月はニュームーンと言って、これから力が満ちてくるという時。
スピリチュアルな世界では、この新しいお月様に願いをかければ叶いやすいといわれています。

1か月に一度だけ、宇宙の中でもっとも人間の潜在意識を司る月・・に願いをかける日なんです♪

新月のお願い事に関する情報を教えてほしいという依頼は、皆さんから多くいただいてます。

日時くらいはインターネットや月の手帳などでわかっても、新月開始時間から48時間
以内のなかで、「ボイドタイム」という、願いが叶いにくい時間帯もあります。

なのでこちらでは、その時間を省いて記しますので、安心してお願いをしてください。

これまでたくさんのお客様や占い教室の受講生の方々と、新月のお願い事についてお
話していると、願いを叶えてらっしゃる方のなんと多いことか!

そのことは私にとって、すごく嬉しくて、このお願い事をお勧めするときについつい力が入ってしまう始末です!

読者の皆さんも新月にお願いをして、一緒に幸せになりましょう!

新月の願いをする時に心がけること

そのために心掛けていただきたいことが数点あります。

1) 新月のお願いをする前から、文言を考えておかない。
   これは、新月前にフライングしていることにもなるので、おおまかにイメージするくらいにしましょう。

2) 2個以上、10個以内のお願い事を便箋や、書きたい用紙に書きましょう。
   宇宙は偉大ですので、ちょっとくらい増えたり減ったりしても、OKです!

3) 書いた用紙は、取っておき、後から叶ったことに対してお礼をいいます。
   その後、燃やしても、取っておいてもかまいません。
   私は、数年間は取ってあります。その後は丁寧にお礼を言って、お正月のとんどなどで燃やします。

4) 必ず、「私は ○○が叶って幸福(しあわせ)です。」と、私は、から書き始めます。
   たとえば娘の結婚を祈るとしても、「私は私の娘の結婚が叶って幸福です」といったような文言にします。

5) お願い事のなかに、最後に「私は新月の願いをする人たちとともに幸福です。」と入れていただきたいです。
   みんなが幸せになることができれば、ネガティブなエネルギーや行動が減りますし、
   たくさんの人が同日、同時刻に願うことで、願いのパワーが大きくなり月に届きやすといわれています。

6) お名前、開始時間も入れると良いでしょう。

7) 自分で叶うわけない!って思っていることは叶いません。
    たとえば宝くじの高額当選などです。心の中の潜在意識は、自分の身の丈を決めています。
    それに沿わないことは、叶わないと潜在意識で定着しているからです。

たとえば、今月は天秤座の新月です。

この星座の象徴として、結婚、協力、パートナーシップ、契約、裁判に関すること、
美容、おしゃれ、センス、健康では腰痛、腎臓などがあげられます。

こういった事柄は、その月の願い事として、叶いやすいといわれているので、お願いの項目の中にいれてもいいし、
毎月のテーマに沿ったことを願ってみるのも良いと思います。

また、この月のテーマに関わらず、結婚に関してを重点的に何項目か書いてもいいのです。

各自のホロスコープの中に、天秤座の場所がありますので、生まれ月が乙女座の人でなくても
今月のテーマというのは実は自分にも関係はあるのです。

それが、ある人は恋愛を指し示したり、ある人は仕事運を指し示したりします。

各々のホロスコープは、全く同じ人は2万5千年に一回しかないといわれていますの
で、その他気になる方は聞きにいらしてくださいね(^_-)-☆


LINE特典バナー