新月の願い

蠍座(さそり座)の新月の願い(2020年11月)

こんにちは〜

今年は早くから寒くなりました。
皆さまお元気にお過ごしでしょうか?

今月は蠍座での新月です。

テーマは根底からの変化。

今年は蠍座の守護星の冥王星が木星、土星のグレードコンジャンクションと
重なり、社会での働き方や金融システムが変化していかなければならない年でした。
そしてコロナ禍。

それは人の心や生活に大きく影響を及ぼしました。

まだしばらく混乱は続くかもしれません。

いわゆる、産みの苦しみ。

蠍座では、人と奥深く関わり、次の生を生み出すというのがテーマです。

それは自我の消滅。
根底からの変化です。

思い残したこと、捨てきれないもの。
今年の新月で新たにしてみてはいかがでしょう。

その捨てた場所に新たな人間関係が入ってきたり、
仕事に就いたり

こうでなければならないこと
を捨てることで逆に物事を違った角度で掘り下げたりできるかもしれません。

いえ、そうすることによりこれまで上手く行かなかったことが
回り出したりするのです。

スッキリとこれまでの状況を変えること!
こう言ったお願いが良いでしょう。

そしてもう一つ。
他人から必要とされたいエネルギーが蠍座♏️には不可欠です。

相手の唯一無二の存在になれるように。

こんなお願いも良さそうです。

蠍座の新月で叶いやすいこと

・人との親密な関係
・探求、追究、研究などに関して
・相手の本心を知る
・けじめをつける
・セクシーな魅力を得る
・他者からの評価
・隠れた才能をみつけたい
・復活愛
・どろどろとした人間関係から脱出する
・病気や怪我からの奇跡的な回復
・秘密がバレない
・権力、威力がほしい
・他者との融合
・強く固い意志
・変身、変化
・スペシャリスト(精通者)になる
・ホンモノを見分ける眼力
・健康では生殖器、ホルモンバランスを司ります

蠍座の新月の日時

11月15日 14:08~20:13
11月16日  0:49~11月17日 14:07

新月の願いの書き方、願い方

1) 新月のお願いをする前から、文言を考えておかない。
   これは、新月前にフライングしていることにもなるので、おおまかにイメージするくらいにしましょう。

2) 2個以上、10個以内のお願い事を便箋や、書きたい用紙に書きましょう。
   宇宙は偉大ですので、ちょっとくらい増えたり減ったりしても、OKです!

3) 書いた用紙は、取っておき、後から叶ったことに対してお礼をいいます。
   その後、燃やしても、取っておいてもかまいません。
   私は、数年間は取ってあります。その後は丁寧にお礼を言って、お正月のとんどなどで燃やします。

4) 必ず、「私は ○○が叶って幸福(しあわせ)です。」と、私は、から書き始めます。
   たとえば娘の結婚を祈るとしても、「私は私の娘の結婚が叶って幸福です」といったような文言にします。

5) お願い事のなかに、最後に「私は新月の願いをする人たちとともに幸福です。」と入れていただきたいです。
   みんなが幸せになることができれば、ネガティブなエネルギーや行動が減りますし、
   たくさんの人が同日、同時刻に願うことで、願いのパワーが大きくなり月に届きやすといわれています。

6) お名前、開始時間も入れると良いでしょう。

7) 自分で叶うわけない!って思っていることは叶いません。
    たとえば宝くじの高額当選などです。心の中の潜在意識は、自分の身の丈を決めています。
    それに沿わないことは、叶わないと潜在意識で定着しているからです。

自分で無理と思っていることは、月にも届きませんし、潜在意識の中でも、
叶ったらどうなるんだろうとか、不都合があるって気づいているので、
真摯に願っていないのかもしれません。
必要な金銭が自由に使えることは、宝くじでなくても自力で叶うのですから(^^)/
これらが注意する点です。

次回の新月は12月15日です。
今月も皆さまのお願いが叶いますように!

真珠星。


LINE特典バナー